話題

「路上教習のダウンヒラーJ」が大バズり!歌詞や元ネタは?【有吉の壁】

日本テレビ「有吉の壁」で2023年6月に放送された「路上教習のダウンヒラー J」の楽曲ネタを紹介致します。

放送後から大きな話題となり、番組公式You Tubeでも動画が配信され140万回再生を超える大人気の動画となっております。

そんな「路上教習のダウンヒラーJ」の楽曲ネタの歌詞元ネタが気になり、今回調査しました。  

この記事でわかること
・路上教習のダウンヒラーJって何?
・路上教習のダウンヒラーJの曲の歌詞
・路上教習のダウンヒラーJの元ネタについて 

「路上教習のダウンヒラーJ」って何?

『有吉の壁』で人気となった「頭文字D」を元ネタに作成された楽曲ネタの作成者名です。
(作成者:うるとらブギーズ八木崇)

作成者はうるとらブギーズの八木崇さんです。

2023年6月に放送された『有吉の壁』のコーナーである「ブレイクアーティスト選手権」で披露された楽曲ネタは、2023年6月と8月にそれぞれ公開されました。

『Driver’s lesson 90s』『NON STOP CREEP IN MENKYO』の2曲あります。

どちらも大人気でYou Tubeに公開されている動画は2023年8月25日現在で『Driver’s lesson 90s』は203万回再生『NON STOP CREEP IN MENKYO』は135万回再生されていて注目度の高さが伺えます。

作成者はうるとらブギーズの八木崇さんですが、助っ人として芸人のきつね(大津広次さんと淡路幸誠さん)が参加しています。

さらに2曲目からは芸人のマツモトクラブさん錦鯉の渡辺隆さんが助っ人として参加しています。

大人気漫画『頭文字D』で使われるユーロビート調ので味のある音楽と、頭文字Dをゲーム化した『Arcade Stage』の設定も含まれた歌詞で話題となりました。

話題となったそれぞれの曲の歌詞を見てみましょう。

1曲目「Driver’s lesson 90s」の歌詞

Driver’s lesson 90s」のネタ元は「RUNNING IN THE "90S"」です。これぞ頭文字Dという名曲中の名曲でアニメやゲームの数多くのシーンで使用されています。

「Driver’s lesson 90s」歌詞 (セリフ)
「よろしくねー」
路上教習地元補正で爆走 (安全第一)
かもしれない運転 ほら 緊張しなくていいよ 
(プープープー(クラクション音))
右折 左折 
ウィンカー出して 横断歩道の標識 
Yes ポンピン ポンピング ポンピン 
ポンピング ポンピングブレーキ
歩行者に手を降るな 
応援しているわけじゃない
歩行者に手を降るな 
知り合いなの? 知り合いじゃない
鏡で前髪整えんな インベタのさらにインをつく
鏡で前髪整えんな お前の前髪アウトオブ眼中

1曲目の歌詞のテーマはタイトル通り、自動車免許取得の教習所の路上教習での場面です。

とにかく中毒性があり、なぜか何度もみてしまう!という人がとても多いようです。私もついつい何度も見てしまい仕事が手につかなかったです。

多くの人がリピート再生してしまったことで再生数が増加したのではないかと予想されます。

ユーロビート調の曲と、キレのあるダンスがやみつきになります。思わず肩を上下に揺すってしまった人もおおいんじゃないでしょうか?笑

かなりの練習量を感じました。たくさん練習を積まないとあんな完成度に仕上げるのは無理だと思います。おそらく何十回も練習されていると思います。

最初の「よろしくねー」ときつねの大津さんがあいさつしてドアを閉めるときの、強すぎる締め方がとても面白かったです。

そういえば「そんなに思いっきり閉める必要ある?」って言うぐらい無駄に車のドアを閉める力の強い人っていたなーと思った人も私だけじゃないのではないでしょうか?

あと2回目の「鏡で前髪整えんな!」のところで、高橋がちゃんとハンドル回して窓を開けてから庄司に言ってる芸が細かいところがとても好きです。

ハンドル回して開けるタイプの窓という細かいところも再現しているところが、原作ファンからも支持されているところなのかなと思います。

繰り返し練習をして完成度を上げたり、ネタが細かく、細部にまでこだわって作られている点がバズった要因なのではないでしょうか?

このネタを作ったうるとらブギーズの八木崇さんは本当にすごいですね。

2曲目「NON STOP CREEP IN MENKYO」の歌詞

NON STOP CREEP IN MENKYO」のネタ元は「NO ONE SLEEP IN TOKYO」です。これも頭文字Dという名曲中の名曲でアニメやゲームの数多くのシーンで使用されています。

「NON STOP CREEP IN MENKYO」歌詞
(セリフ)よろしくねー よろしくだぜー
複数教習 五車線 五叉路 車線変更 
道路交通法守り 峠を抜けたら
試験場 まことの免許30日交付 試験場 
まことの免許30日交付
(セリフ)発煙筒?イレギュラーなことが起こっちまったぜ
(セリフ)落第のレッドゾーンに一気にふけるこの状況 たまんねぇ
(セリフ)手信号のお出ましだぜぇ!? 教科書でチラ見した程度
(セリフ)ダブルクラッシュといこうぜ!!
Don't Stop 徐行 クリープ現象
ブレーキ ブレーキ オートマティック
Don't Stop 徐行 クリープ現象
ハイビームで照らすな
小刻みに切り返すな 
1回2回が相場
小刻みに切り返すな 
心をブラインドアタック

2曲目も場面は路上教習ですが庄司慎吾が最初から後部座席に乗り込んできます。笑

なぜ後部座席に乗り込むの笑?って最初から爆笑してしまいました!

教習で自分と教官以外に同じ車に人が乗る場面というと「高速道路教習」ですかね?細かいところがちょっと気になりますが、そんなことは気にせず楽しむべきですね。

1作目は高橋は車に乗り込む時ドアを閉める動作をしてませんでしたが、今回はしっかりと分かるようにドアを閉める動作をしていました。前回の反省をしっかりと活かしていますね!

今回から手信号をする2人(星野と城島)が新メンバーとして加入していました。

2作目は頭文字Dというよりは、教習所寄りにネタが構成されているように感じました。

例えば歌詞に、「まことの免許30日交付」って出てきたり、「手信号教科書でチラ見した程度」とかも教習所ネタだと思います。

手信号はわかるけどまことの免許30日交付」って何?って思いません?

もしかして頭文字Dのなかに出てくる何かかな?と一瞬思いましたが、これも教習所ネタです。追い越し禁止場所」を覚えるための語呂合わせです。

  • マ → 曲がり角付近
  • コ → こう配の急な下り坂
  • ト → トンネル
  • ノ → 上り坂の頂上付近
  • 免許30日 → 30メートル
  • コ → 交差点
  • オ → 横断歩道や自転車横断帯
  • フ → 踏切

「路上教習のダウンヒラーJ」の元ネタは?

元ネタは人気漫画・アニメ『頭文字D(イニシャルD)』です。

『頭文字D(イニシャルD)』とは、1995年から2013年まで、講談社の週刊ヤングマガジンで連載されていた漫画です。作者はしげの秀一先生です。走り屋をテーマにした作品です。

アニメや映画などのメディアミックスもされており、国内外で人気を博しました。

主人公の藤原拓海は、父親の店で豆腐屋の配達をする高校生です。

あれ?ちょっと待って?高校生で配達って免許は?もしかして無免許?

そう思いますよね?

彼は父親の藤原文太から英才教育を受けて、13歳の頃からAE86型スプリンタートレノで秋名山を走らせていたので、運転技術は高校生ながらもプロレベルに達していたようです。

いや、うまけりゃいいってわけじゃなくない?まあそこは漫画なのでごちゃごちゃ言ってはいけないところですね!笑

ある日、彼は地元の走り屋チーム「赤城レッドサンズ」のリーダー・高橋涼介と対決することになり、その勝利で一躍有名になります。

以後、拓海は関東各地の強豪走り屋たちとバトルを繰り広げていくといくストーリーです。

頭文字Dは、白熱したカーレースシーンや個性的なキャラクターたちの魅力で多くのファンがいる作品です。

また、主人公の愛車であるAE86やその他の登場車種にも注目が集まりました。

これはあまりにも有名ですよね。渋くてカッコイイです。まちなかで走っていたら見てしまいますね。

教習生:大津広次(きつね)【元ネタ:藤原拓海】

藤原拓海は漫画「頭文字D」の主人公です。服装や髪型もかなりそっくりです!原作ファンはテンション上がったのではないでしょうか?

藤原拓海とは?

  • 『頭文字D』の主人公で、トヨタ・スプリンタートレノGT-APEX(AE86)が愛車で秋名山の峠道をホームとしています。
  • 父親の店で豆腐屋の配達をする高校生から始まり、運送会社に勤める青年になります。
  • 無免許運転で豆腐の配達をしていたことで、驚異的なドライビングテクニックを身につけました。
  • 荷重移動やブレーキングなどの技術に長けており、四輪ドリフトでコーナーを攻めることを得意としています。また、雨や雪などの悪条件でも走りこなすことができます。
  • 「秋名のハチロク」という異名を持ち、多くの強豪走り屋たちとバトルを繰り広げて勝利を収めました。
  • プロジェクトDというチームに加入し、ダウンヒル(下り)のエースとして関東制覇に貢献します。

教官:淡路幸誠(きつね)【元ネタ:高橋啓介】

高橋啓介は「頭文字D」の人気キャラクターです。

まゆげがそっくりですね!名札にも「高橋」と書いているので間違いなさそうです。

ちょっと淡路さん太りすぎ笑?もう少し痩せたら完全に高橋ですね!

1曲目ではドアを開けて乗車後に締めるアクションはなかったので、各方面からツッコミが入ったようですが、2作目ではしっかりドアを締める動きを入れていました。

高橋啓介とは?

  • マツダ・アンフィニ RX-7 Type R(FD3S 1型)を愛車としており、赤城山の峠道をホームとしています。ツンツンに逆立てた髪型が特徴です。
  • 主人公・藤原拓海に勝った上でプロのレーシングドライバーとなることを目指しています。
  • かなりのイケメンで、作中でも沢山の女性ファンの追っかけがおり、岩瀬恭子などのキャラクターにも惚れられているモテ男です。
  • 己のセンスと集中力で勝負する感覚派のドライバーです。
  • プロジェクトDというチームに加入し、ヒルクライム(上り)のエースとして関東制覇に貢献します

歩行者:八木崇(うるとらブギーズ)【元ネタ:庄司慎吾】

庄司慎吾は「頭文字D」の人気キャラクターです。

髪型、眉毛、服装、雰囲気が似すぎです。登場した瞬間爆笑してしまいました。

パラパラを踊っている姿がとてもツボにハマリます。

庄司慎吾とは?

  • 愛車は、ホンダシビックSiRです。年式は1992年前期で、ボディカラーはミラノレッドです。
  • 群馬県の走り屋集団である妙義ナイトキッズのナンバー2です。
  • 「デンジャラス慎吾」の異名を持っており、勝つ為には危険な手段もいとわず、それどころか勝った上での相手の車のクラッシュを望んでいるような人間です。
  • 左足ブレーキを基本にした鋭い突っ込みテクニックが特徴です。
  • 「赤城の白い彗星」という異名を持ち、多くの強豪走り屋たちとバトルを繰り広げて勝利を収めます。
  • 主人公の藤原拓海とのバトルでは右手をガムテープでステアリングに固定して走るガムテープデスマッチを行い、彼を追い込みました。

手信号:渡辺隆(錦鯉)【元ネタ:星野好造】

2作目から初登場した星野好造っぽい人物です。 最後にゴッドフットっぽい掛け声と達人級のアクセルワークを披露しています。

なお渡辺さん曰く「本来は旗を振るだけと言われていたが、いざ現場に来てみたらダンスの先生が5人居てパラパラの練習をさせられた」とのことです笑。

星野好造とは?

  • 日産・スカイラインGT-R V・specII Nur(BNR34)が愛車で、筑波山の峠道をホームとしています。
  • 建設会社社長で、自称「中年暴走族」と言われている元ラリー屋です。
  • 「ゴッドフット」という異名を持ち、アクセルワークの達人である。
  • 豪快で大胆な性格。
  • プロジェクトDというチームに加入した高橋啓介と筑波山山腹でバトルをした。

手信号:マツモトクラブ 【元ネタ:城島俊也】

2作目作から初登場した城島俊也っぽい人物です。

最後にゴッドアームなワンハンドステアをしつつ激しいシフトチェンジとステアリング操作を披露しています。

マツモトクラブさんはこの日のネタのためにキャラづくりの一環としてヒゲを剃ったようです。

ネタに対する意気込みがすごいですね。

城島俊也とは?

  • ホンダ・S2000 AP1が愛車で、筑波山の峠道をホームとしています。
  • 職業は医師で、推定年齢は40代後半です。
  • パープルシャドウというチームのリーダー格で、星野好造と親友です。
  • 「ゴッドアーム」という異名を持ち、ステアリングを片手で握るワンハンドステアが武器です。
  • ドリフトでもなくグリップでもない中間の走り方で、コーナーで毎回違うライン取りをしながらもタイムを揃えることができます。
  • プロジェクトDというチームに加入した藤原拓海と筑波山でバトルをするが、最終的には熱中症によってリタイアします。

激しいギアチェンジ【元ネタ:マシンガンシフトチェンジ】

教習生が曲の前奏で激しいギアチェンジをしています。

拓海などの走り屋だけでなく、当時のモータースポーツでも減速時のシフトチェンジは「5→4→3→2」と飛ばすことなく1段階ずつ落としていました。

そのシフトチェンジの速さと音からマシンガンシフトチェンジと言われることもあり、原作でもこのことについて言及されています。

路上教習でマシンガンシフトチェンジは絶対やったらダメだと思います笑!

速攻で不合格になると思います笑。教習中の人は真似をしないようにお願いします。

地元補正で爆走【元ネタ頭文字Dゲーム「Arcade Stage」】

『Arcade Stage』ではその峠に縁のある車種で走行すると他の車種よりも圧倒的な性能を発揮するシステムとして「地元補正」が存在します。

ゲームをやっている人じゃないと絶対にわからないネタを打ち込んでいるところも好きです!

アウトオブ眼中【元ネタ:岩城清次】

頭文字Dの人気キャラクター「岩城清次」のセリフです。

原作では「ハチロクなんかに乗ってる奴ァ アウト・オブ・眼中」と言っており、さまざまなところで使われていますよね!

最後に

今回は大バズリ中の「路上教習のダウンヒラーJ」について調査しました。

頭文字Dの好きにはもちろん教習所好きの方にも必見のネタでしたね。

新作も見逃せませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-話題